« 5月1日昼 クロムモリブデン「マトリョーシカ地獄」 | トップページ | 5月3日夕 道学先生『あたらしいバカをうごかせるのは古いバカじゃないだろう』 »

5月1日夜 たいしゅう小説家「「人生最良な~!日?」~葬儀と結婚式が同じ日に?!~」」

たいしゅう小説家さんという劇団については調べてもないし、何も知らないのですが…。

正直、ごめんなさい。ひどかったです。

戦隊者のヒーロー2人を主役級に迎えたために東京芸術劇場で5800円で、ということになったのでしょうが、その価値なし。初めて途中で帰りたくなりました。帰りにロビーで暴れたくなりました。

緞帳が上がったらタイトルから何のひねりもないセット。左に葬儀場(しかもパイプ椅子!)、右に結婚式場。父が亡くなった翌日、遺言どおりに両方の式を執り行うことになった家族。そこに亡くなった父の愛人やその調査をした探偵が現れたり、新婦の元彼が新郎の幼馴染だったり、どたばたした挙句、最後には父が降霊してきちゃったり。

あまりにもベタなシチュエーションに、ヒーロー俳優が中途半端に食い込んでくるもんだから、全く笑えない吉本新喜劇といった呈でした。

脇を固めていたベテラン俳優さんが空回りに見えてしまい、ほんとうに無残。

この日はせっかく昼間に「いい劇団発見!」と思ったのに、夜には帳消しになるほどのへこみでした。残念。

|

« 5月1日昼 クロムモリブデン「マトリョーシカ地獄」 | トップページ | 5月3日夕 道学先生『あたらしいバカをうごかせるのは古いバカじゃないだろう』 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212396/14981983

この記事へのトラックバック一覧です: 5月1日夜 たいしゅう小説家「「人生最良な~!日?」~葬儀と結婚式が同じ日に?!~」」:

« 5月1日昼 クロムモリブデン「マトリョーシカ地獄」 | トップページ | 5月3日夕 道学先生『あたらしいバカをうごかせるのは古いバカじゃないだろう』 »