« 6月20日昼 ユニークポイント公演「もう花はいらない」 | トップページ | 6月23日昼 ヨーロッパ企画「衛星都市へのサウダージ」 »

6月20日夜 クロカミショウネン18 #11「 ノモレスワ。」

初見。初日。

記憶を失って病的になった妻と、妻を元に戻そうとやっきになる夫のお話。ひょんなことからタイムスリップする術を知った夫とその兄が、妻を戻すために必要な時代にタイムスリップを繰り返して混乱していく様子を描いていきます。

お話は時代が2007年、2002年、1992年、1991年と細かく飛ぶのでかなり複雑ですが、飛んでから考えてもなんとかついていけます。セットは一緒のを利用するけど登場人物の衣装や部屋の照明を微妙に変えて、時代が変わったことを観客にアピール。

2列目上手はじっこでみたんだけど、よく練られていて舞台装置もうまくできているだけに、席によって見えない部分ができちゃうのがものすごーーく残念。前方好きの私からしたら不満なんだけど、どちらかといえば後ろのほうの全体が見える席のほうがいいんだろうな。たとえば上手からはメイン客室入り口奥の小部屋あたりや上手側の階段や部屋の入り口が全く見えず。下手だったら、エレベーター前や客室入り口前、階段付近が見えなかっただろうな。努力は感じたけどもう少し壁をなくしたほうが、観やすいです。

お話は複雑だけど、楽しめました。役者さんのがんばりに脱帽。いろいろ謎はあったけど、順々にうまいこと解いていけました。ホテルの部屋の扱いもすごく上手。年代が変わっても部屋の照明の変化やエレベーターの表示の違いで、階数を表して。そのおかげで何とかついていけたって感じで。

最後の最後でどうにも追いつけなくなっちゃって、落ちが微妙につかみきれなかったのが残念なんだけど、それを差し引いてもまた観たい感じでした。どんでん返しでの旦那さんの状況がやや唐突。説明がもう少し欲しかった。

クロカミショウネン、すごく今後も楽しみです。舞台装置の席による不公平感が課題ってことでお願いします。

|

« 6月20日昼 ユニークポイント公演「もう花はいらない」 | トップページ | 6月23日昼 ヨーロッパ企画「衛星都市へのサウダージ」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212396/15504148

この記事へのトラックバック一覧です: 6月20日夜 クロカミショウネン18 #11「 ノモレスワ。」:

« 6月20日昼 ユニークポイント公演「もう花はいらない」 | トップページ | 6月23日昼 ヨーロッパ企画「衛星都市へのサウダージ」 »