« 3月7日昼 reset-N「黎明」 | トップページ | 3月9日夕 菅間馬鈴薯堂「鯨屋の客」 »

3月7日夜 アマネク「終焉ヶ原で逢いませう」

謳い文句がなんか気になる劇団です。主宰の森田匠さん、ふじみでの「大恋愛」でも気になったし。こうやって見逃せない作品が増えてっちゃうんだな。

取り壊される学生会館に入り浸っていた学生たち。引っ越すにあたって出てきた荷物や写真。写真にはかつて事故でなくなった先輩の姿があり、取り壊す前に先輩の仲間たちも記念に集まってきて。

ふしぎな会話劇です。ちょっと青年団を思わせるような空気を漂わせたかと思ったら、次の瞬間にはウケ狙ってさぶくなるような。挑戦してるのか、単にスベってるのかが読めない。

たまにものすごくツボにきて笑いが止まらなくなる瞬間もある。そのバランスが若さ?待ってると来ないのに油断するとさっくり拾われる。まぁ、まだまだ捨て部分のほうが大きい感じはしますけどね。このそわそわする感じが全体に流れたらねえ。

これでどうかな?って探られてるのか、これでどうだ!って挑まれてるのかわからない感じがそそられます。なんだかおもしろい。

キラリ☆ふじみの関係者が来てました。松田弘子さんや堀井秀子さん、佐藤雪江さん、富永まいさん。そういうつながりっていいですね。そして、またあのロミジュリを思い出して、二度と観られないのかとさびしくなっちゃいました。

|

« 3月7日昼 reset-N「黎明」 | トップページ | 3月9日夕 菅間馬鈴薯堂「鯨屋の客」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212396/40416437

この記事へのトラックバック一覧です: 3月7日夜 アマネク「終焉ヶ原で逢いませう」:

« 3月7日昼 reset-N「黎明」 | トップページ | 3月9日夕 菅間馬鈴薯堂「鯨屋の客」 »