« 6月4日昼 くろいぬパレード「熊猫(パンダ)」 | トップページ | 6月5日夜 角角ストロガのフ「鮮やかな食卓」 »

6月4日夜 THE SHAMPOO HAT「立川ドライブ」

赤堀作品、ずいぶん久しぶりな気がする。去年の秋のSHAMPOO HAT本公演は評判よかったようだから見逃して悔しかったんですよね。

40直前のもてない独身警官(赤堀雅秋)。キャバ嬢の洋子(坂井真紀)に惚れ込みプレゼントやメール攻撃をし、結婚するつもりでいるが、洋子はその気なし。彼氏もいるし。でも仕事上相手を続けてたら、警官はどんどんエスカレートしていって…。

ちょっと前にテレ東『週刊・真木よう子』でやってましたね。ついつい比べちゃった。

トラムの広い舞台に交番、キャバクラ、居間。ぽつんぽつんとした感じで置かれてます。これって、ほんとに舞台向きなの?映像のような切り替えがなきゃダメじゃないの?前半やや不安がよぎりました。

でもドライブシーンを過ぎた頃から。イライラを募らせる展開。本筋には関係なさそうな場面を挟むことで、追い立てられる。結末がわかってる上、カウントダウンされるんだから、そりゃイラつく。

エンディングにいたってはすばらしい。いやな気分ドーン。演劇的お約束を無視した、でもある意味演劇的な興奮。警官が洋子の家に行くシーンです。

テレビは主役が女性だったからやや女目線。舞台は警官やら探偵やら洋子の彼氏やら若干男目線寄り。そのせいか、ラストの救いのなさが際立ってました。

|

« 6月4日昼 くろいぬパレード「熊猫(パンダ)」 | トップページ | 6月5日夜 角角ストロガのフ「鮮やかな食卓」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212396/41419498

この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日夜 THE SHAMPOO HAT「立川ドライブ」:

« 6月4日昼 くろいぬパレード「熊猫(パンダ)」 | トップページ | 6月5日夜 角角ストロガのフ「鮮やかな食卓」 »