« 9月13日昼 ピチチ5「全身ちぎれ節」 | トップページ | 9月14日夕 東京デスロック「演劇LOVE2008~愛の行方3本立て~」蜜月期「ジャックとその主人」 »

9月14日昼 東京デスロック「演劇LOVE2008~愛の行方3本立て~」発情期「HERE I AM-ドン・キホーテがやってくる!-」

とっても楽しみにしていたデスロック。日程が厳しかったけどなんとか3本立てのトークのある日に。今回は一回ぽっきりしか行けないから、今日は集中、集中。

看板俳優・夏目慎也さんの一人芝居から。一人芝居ってあんまりおもしろいと思ったことないから、期待半分。ちょっと控えめに。

ドン・キホーテの予習はせずに観劇。客をサンチョパンサに見立て、素舞台で。敵役やその他の登場人物は壁。

壁と戦ったりハイタッチする姿は滑稽。そして振り向いては負けた言い訳をする顔も。

それにもましておっかしかったのは台詞のない場面。ひたすら冒険、冒険、冒険。山を跳び谷を越え。何をやってもおかしくて、笑いが止まりませんでした。ジャンプとかかなり普通のおっさんだったし。一押しネタらしい逆さ顔は夢に出そうなくらい。忘れられません。あれのためにリピートしたい。

台詞がなかったのは10分ほどだったらしいけど、もっとあったように思えたな。悪い意味じゃなく。もっともっと観ていたかったくらいだから。インパクトの問題かな。

デスロックにしてはずいぶんわかりやすい作品。発情するほどの愛は、やっぱり単純に率直にheart04

初めて一人芝居をおもしろがることができました。観客の巻き込み方がうまい。客を客のまま語りかけるのでなく、サンチョパンサだと思い込んで語りかけるから、ほんとに一緒に冒険してるような気分。返事したくなっちゃう。距離感が心地いい。

エンディングの少し切ない感じも、冒険仲間としてほろってきちゃった。

仲間を守ろうとしてかっこよくなったり、負けて情けなかったり、がいちいち素敵。負けて倒れて立ち上がるときに床についた手の、むっちりした丸みと皺がドン・キホーテ夏目を象徴しているように思いました。

こんなにおもしろいと、夏目LOVEの期待値ぐんぐんUP!

|

« 9月13日昼 ピチチ5「全身ちぎれ節」 | トップページ | 9月14日夕 東京デスロック「演劇LOVE2008~愛の行方3本立て~」蜜月期「ジャックとその主人」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212396/42478231

この記事へのトラックバック一覧です: 9月14日昼 東京デスロック「演劇LOVE2008~愛の行方3本立て~」発情期「HERE I AM-ドン・キホーテがやってくる!-」:

« 9月13日昼 ピチチ5「全身ちぎれ節」 | トップページ | 9月14日夕 東京デスロック「演劇LOVE2008~愛の行方3本立て~」蜜月期「ジャックとその主人」 »