« フェスティバル/トーキョー「カール・マルクス:資本論、第一巻」 2009/2/27 19:30 | トップページ | ブラジルmini公演Bプログラム「傷心旅行/いつまでもここにいる」 2009/2/28 21:00 »

ブラジルmini公演Aプログラム「ダイアナ」 2009/2/28 18:30

かなりこっそり開催されてるっぽいこの公演。だってブラジルなのに一回25席限定。そりゃ宣伝しちゃったら客あふれるでしょう。ブラジルのカフェ公演は初めてらしいです。恵比寿の小さなバーにて。

ダイアナ、初演を観てないんですが、ブラジルの二人と平間美貴さんだなんて、垂涎のキャスティング。初演はどなただったのかしら?

恋人の話を打ち明けようと幼馴染・イサヤマをバーに呼び出すニシヤマ(西山聡)。イサヤマ(諌山幸治)は近々結婚するという。その相手がニシヤマに金を借りたまま姿を消したミキ(平間美貴)。3人でごたごたしたと思ったら、ニシヤマの恋人の正体も発覚してさらにごたごたして。。。

最上級に贅沢な空間。もっのすごく狭い場所なのでどこで観るかちょっと考えたけど、どうせなら、と一番前に。うん、正解。好きなお酒を片手にじっくり見せていただきました。50センチの近さでも凝視します、私。普通にしゃべるにも照れる距離でも、舞台と観客となればあほ面さげて一方的に見つめていられるのが最高!

シリアスに怒りを抑えるときってほんとに唇わなわなするんだな、とか、演技なのかわからないくらい細かな部分にどわっと圧倒されます。光の加減なのか私の思い込みなのか、目がギラッと光ったり。

したたかなのに上手に媚を売るミキの目のうるうる感にも倒されます。そりゃだまされます、と降参。かわいすぎ、と思うと振り返ってにらむ眼の怖さも。

話の落とし方も演技の巧みさもいうことナシです。とってもシンプルにわかりやすく、俳優さんの力を感じられる作品。この空間に入れてよかった。

|

« フェスティバル/トーキョー「カール・マルクス:資本論、第一巻」 2009/2/27 19:30 | トップページ | ブラジルmini公演Bプログラム「傷心旅行/いつまでもここにいる」 2009/2/28 21:00 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

初演は近藤美月さんだったみたいです。それはそれで見たいと思いました。

諌山さんの役は辰巳さん

投稿: かんげきゆう | 2009年3月 3日 (火) 18時26分

かんげきゆうさま

はぁ、近藤美月さんですか、確かに観たかったです。
ブラジルメンバーも違ったんですね。そのころはまだ諌山さんは入ってなかったんでしたっけ?あの役が辰巳さんだったらそれもだいぶ雰囲気変わりますね。もっと西山さんが悪そうに見えちゃうかも。辰巳さんのキャラ的にいい人っぽく見られがちだから。

投稿: めっこ | 2009年3月10日 (火) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212396/44218657

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルmini公演Aプログラム「ダイアナ」 2009/2/28 18:30:

« フェスティバル/トーキョー「カール・マルクス:資本論、第一巻」 2009/2/27 19:30 | トップページ | ブラジルmini公演Bプログラム「傷心旅行/いつまでもここにいる」 2009/2/28 21:00 »