« 2010年6月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

中野成樹+フランケンズ「ザ・マッチメーカー」2011.2.28 19:30

中フラのワイルダーシリーズの新作。正直、ワイルダーのおもしろさがよくわからないし、微妙な気持ちで伺いました。しかも2時間超との話。きついかな。

けどちょっと自分なりにテンションを上げて。やっぱり気持ちの持ちようとかコンディションて、観劇には大きいから。一期一会がたったの二時間、と気持ちを置き換えて。そう思っちゃうとつい、開演時、俳優が出てきた瞬間の感動がマックスになっちゃう時もあるんだけど(笑)。

今日も、あぁ、二時間しか一緒にいられない、って思いながら開演を迎えたら、俳優の足音だけでうれしくなっちゃった。

いや、でも今回の公演はずっとずっと楽しい気持ちでいられました。

マッチメーカー=結婚仲介人。地方都市の金持ちヴァンダ-ゲルダ-(洪雄大)が結婚しようとしている。姪も結婚しようとしてるがその釣りあわない結婚に大反対して、姪をニューヨークへと引き離そうとする。ヴァンダ-ゲルダ-の金目当てにマッチメーカーのようなそぶりで仕切るリーヴァイ夫人(石橋志保)は実は彼との結婚を狙っていて。っていう喜劇。

登場人物が多そうだったから、それを整理するのも大丈夫か心配だったけど、全然問題なし。やっぱり横文字名前にはなじみがなくて覚えにくいけど、個性が強く、魅力的な登場人物ばかりだから。

意外なほどのコメディーで笑いっぱなしでした。出てくる人たちが素敵で、みんなの幸せを願いたくなるような展開。この人たち、どうなっちゃうの?って心配してはらはらしながら笑い続け、目が離せない。

ワイルダーであること、誤意訳であること、や、ナカフラであること、に意識的だったと当パンで述べられているけど、それがどうこうというより本当に楽しいんです。それがもしかしたらワイルダーであり、誤意訳であり、ナカフラであるということなのかも、と思うとそれも含めて全体が好きになってくる。なんだ、ナカフラって、ワイルダーってこんなに近くにいたんだ!って。

本当に登場人物がみんな愛らしくって、おバカで、見栄っ張りなのに素直で、性格悪そうなのに抱きしめたくなるような雰囲気。ワイルダーの世界がそうなのか、中野さんの捕らえ方がそうなのかはわかりませんけど、どの人物も大好き。

そう感じさせてくれた俳優さんの力もさすが。リーヴァイ夫人を演じた石橋志保さんのくるくる変わる表情や計算高いのに単純な気持ちに動かされている行動や、周りのために嘘をついているテンションとか、いい。恋に落ちて身の丈を越えた見栄を張るコーネリアスを演じる村上聡一さんのあたふたぶりは他では観られない感じ。ちょい役とされたハイリンドの多根周作さんと伊原農さんのちょっとしたスパイスも贅沢で。とぼけた女中役の斉藤淳子さんもかわいくありながら意外に要を押さえてるのがうまい。やっぱりナカフラの俳優さんは幅広いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国分寺大人倶楽部「ホテルロンドン」2011.2.24 14:30

ここしばらく王子での素晴らしい公演続きで、今回は支援会員の投票によるセレクト公演だそう。そういうシステムがあるのもいいし、それに応えての公演もいい。

東京駅での人身事故の影響で15分遅れの開演。自分は早く行ってるし、不満もなくはないけど、その説明や案内は丁寧で好感。

場末のラブホを舞台に、愛し合ったり愛し合ってなかったりする男女を描く。

DVに合い続けていた30女(清水久美子)とその彼女をどうにか守ろうとする年下の大学生(加藤岳史)。高校教師(信國輝彦)と元教え子の大学生(ハマカワフミエ)。あらゆる女を騙し続けるアズマ(東谷英人)。ラブホの管理人の女(佐賀モトキ)に思いを寄せる男(後藤剛範)。どのカップルにもつながっていたらしい殺された謎の男。

謎の男を巡って物語は終盤まで引っ張られます。なんかそれがもったいない。謎の男は登場しないから。物語で引っ張られる分、それぞれのカップルのエピソードが軽く感じられてしまい、そこにいない人物に引き寄せられてしまう。物語は大事ではあるけど、そこで起こること、とかそれで影響されちゃった出来事、にウエイトを置いてくれるともっと目の前のことに集中できる気がする。

「どきどきはらはら」がちゃんと続いて好奇心が保たれる分、終わった後に物足りなさを感じてしまうんです。お話の面白さだけなら演劇ではなくテレビや映画や小説で十分あじわえますからね。

席の関係かもしれないけど、奥に座ったので今回は後藤さんの迫力が今ひとつ感じられなかったりしたのも残念。国分寺といえば後藤さんの狂ったようなキャラが楽しみだったから。その分ハマカワさんのきわどいショットとかは楽しめましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京デスロック「平成二十三年のシェイクスピア」2011.2.26 14:00

昨日に引き続きキラリ☆ふじみ通いです。今日は初・いわきの高校生。前から五反田団の前田さんやままごとの柴さんが演出しているのは知っていましたが実際観るのは初めて。興味はあったので、どんなところで作品が出来上がっているのかと、先月WALTZ MACBETH目当てでいわきアリオスに行ってきましたが。なんとも素晴らしい劇場で驚きました。近所の居酒屋のおじさんが、「おべんと届けに行ってちょっと見せてもらったよ、よくわかんないけどおもしろいね」なんて言ってたのがますます素敵な環境。

本日は「平成二十二年のシェイクスピア」と「WALTZ MACBETH」の二本立て。3時間の予告でしたが、終了予定は14時開演の17時40分。実際は18時頃まででした。ま、いいですけど。がんばれますし、楽しかったし。

いわきの高校生からの開演。「MEET Shakespeare」「MEET Story」「MEET Text」の3部構成。昨年の8月に地元で作り上げた作品を卒業を目前にした今、旅公演としてキラリにて再現。多田さんの定番、「LOVE」からのシェイクスピア談議、ロミジュリ、そしてシェイクスピアの名台詞へ。

まぁ、この高校生たちがすごい。普通の佇まいで舞台上に存在する。油断してました。何でこんなに自然にお客さんに対峙できるのか?私、最初の二人の立ち座り、対面からしてその目線、姿勢、動き、すべての情報量の多さに圧倒され、涙が出てしまいました。

この「LOVE」部分、私は泣きっぱなしでした。だって、後ろの字幕、「Nice to meet you」ですもん。自分とこの高校生との出会いはもちろん、この子達同士の出会いに想いを馳せ、(実際のところは知りませんが)目が合えば同じ行動を取ることで仲間になれるくらいもっともっと小さい頃に出会い、いろいろな思い出を積み上げここまで来て、っていうのが眼前に現れました。小学生くらいから高校の今までが一瞬のうち。自分くらいの立場からの回想にも思え、思い出が走馬灯のように、という感じで。そんな風に思っていたら最後には10年後の姿まで描かれ、見透かされたのか自分の見方が当たったのか、またどっと感動。

シェイクスピアを知らない状態での会話を繰り広げ、客席にも振りながら代表作を解説し、いよいよロミジュリへ。自分たちの言葉や道具や服装のままなのに原作に忠実。仮死状態のジュリエットの前でロミオが毒を喰らう場面は、ロミオ役が毒と称したたれをかけた天ぷらをひたすら食べるのですが、黙々と食べるだけなのになぜか心打たれます。

シェイクスピアの名台詞をそれぞれ唱えたあと、それぞれ10年後の姿を。シングルマザーあり、きのこ農園勤務や小学校教師、ダンサー、旅行会社勤務など。意外に現実的だったり。その後3年間の思いで写真を見るみんな。それ自体は結婚式で他人の過去に触れるおもしろさと居心地悪さみたいなものを感じましたが、その写真を眺める高校生たちの背中がどうにも魅力的で頼もしく、親のような気分で見ました。

さらにその後、自分の言葉での10年後の姿、から今の自己紹介。10年後の背伸びした台詞から自己紹介に移る一瞬の切り替えが見事。かわいくて愛しくて、最高。

アフタートークで多田さんも言っていたいわきの高校生のすごさですが、ほんとにびっくりしたとしかいいようがなし、です。いまどきの高校生としての在りようなのか、演劇教育として基礎を教わっているからなのか、その辺りはわかりませんが、本当に自然に、そこら辺の舞台俳優なんか目じゃないくらい自然に舞台に出て、言葉をしゃべって、観客に向かってアドリブしているんです。卒業後演劇にすすまないのが不思議だなって思ったけど、アフタートークでの断片を拾うと、女優の夢をあきらめたのは、女優は演技が出来ればいいと思ってたけどそうではなかったから、とのこと。もっとコミュニケーションが取れなきゃダメだし、もっといろいろ求められることがある、と知ったらしい。そっかー、いい演出家に早いうちに出会うと自分にできないこととかが見えちゃうから夢を追わずにちゃんと現実を見据えるのか、と納得。もったいないけど引きずり続けるよりいいのかも。そうだよね、野球とか音楽とかだったら高校出るまでに自分が才能あるかどうか自分でちゃんと考えるもんね。演劇もそうであっていいのか。

休憩・セットチェンジを終え、WALTZ MACBETH。これだけすばらしい高校生の後だけにどきどき。

ま、もちろん昨日と変わらない素晴らしい作品。だけど受け手としては変わりはあり、今日はすごーく動きで起こる風を感じました。昨日感じた過去から引き続く人間のしがらみ、ではなく、生きている人間の起こす空気の動き。加えて妙に耳が台詞を拾ってくれて、言葉が世界を広げてくれたから、物語としてとても楽しかったです。

俳優さんたちの疲れ具合として、まぁ高校生にはそれほどの負荷はかかってないのもわかるけど、さらっとしていたのに対し、後半に観たデスロック組の生物としての衰え感はいかんともしがたく、それが妙に死にたくないというマクベスの思いにつながり、愛着を覚えました。

本当は最終日も観たいと思っていたけど、今日観た結果思ったこと。高校生の舞台は一回限りの方がいい気がする。どんなに素晴らしい舞台でもプロじゃない限りそれは一期一会。次にこうしよう、とか、まだまだよくなるっていうのは必要ないから。その場の緊張感でやり抜くのが一番じゃないかと。逆にWALTZ MACBETHは明日の最終日が観られないのがすごく残念で仕方ない。まだまだ観たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京デスロック「平成二十三年のシェイクスピア SPECIAL STAGE 『WALTZ MACBETH』」2011.2.25 19:30

東京デスロックのキラリンクカンパニー卒業記念と、デスロック多田淳之介さんが担当したいわき総合高校演劇系列選択生徒の卒業公演、キラリ☆ふじみにて。私、デスロックのWALTZ MACBETH、ほんと好きみたいです。先月いわきアリオスに観に行き、3年前の初演の時の興奮を思い出しました。その後いろいろな作品を観てきましたが、改めて観るとやはりこれは傑作だと思いました。

初日はSPECIAL STAGEということで 『WALTZ MACBETH』のみの上演。初演と変わらず演出の多田さんからマクベスのストーリー説明の後、開演。

領地の奪い合いや殺し合い、勝利の喜び、不安、狂気、すべてを椅子取りで表現。手に入れたいのは自分の椅子。自分だけの人に譲れない椅子。椅子を手に入れたら安心して浮かれ踊り、誰かが自分の椅子に動かしているような妄想に怯える。一人に一つ椅子があればあったで落ち着きを失いあがいてみたり。人間の生き様って全部椅子取りで表せるんだ、って、滑稽だったり感じ入ったり。

そのいちいちぴったりはまっていく奇跡が、マクベスと椅子取りを出会わせた多田マジック。

囲み舞台が3面になったり、ラップや方言のセリフが入ったり、初演とはちょこちょこ変化しているけど、そういう目に見える変化よりも、自分と作品の対峙の仕方とか、考えることや感じることの変化とかが楽しい。近頃ちょっと私実はお芝居観るの好きじゃないのかも、と思ったりしていたのだけど、こういう作品に出会うとやっぱり好きって思える。最近の多田作品の当日パンフとかに記されているけど、演劇を観る体験っていうのは改めて自分と出会う体験なんだな、って実感します。この作品を観てこんなふうに感じる自分。余白を持ってそれを受け止めてくれる作品に出会えることが幸せ。

今日印象に残ったところ。まずは暗転明けのオープニング。舞台上に和服姿の一人の男(永井秀樹)。目が覚めたらなんだかよくわからない場所にいちゃった、異国へどこでもドア?もしくはタイムスリップした?みたいななんとも不安そうな照れ臭そうな顔でまわりを見渡し会釈。この会釈、最初は観客に向かっているようにも見えたけど、繰り返していくうちに何か私たちには見えないものに挨拶しているように見えてきて背筋が冷たくなる!死人の多いお話からの連想なのかもしれないけど、かなりのホラー感。出てくる人皆舞台の外側に向かって愛想振りまくからますます、ヤバいモノが背後にいるような気配。

2つ目は後半、森が動き始めるあたりからの台詞のやりとり。決して言葉が聞き取れたわけでもないのに、あまりにも強欲で間抜けで嫉妬深く猜疑心だらけの人間達に歴史が重なり、古くはマクベスのモデルがいたという1100年代とシェイクスピアの1500~1600年代、21世紀の今が一つになったように感じた瞬間が!いつもなら人の動きを空気で感じたいがためになるべく舞台に近い席に陣取っているんだけど、今日はなぜか物理的な空気の動きじゃなく「時間」が感じられました。ものすごい俯瞰で眺めた気分。壮大な時間の流れに身を委ねたっていう感じ。

3つ目はやはり俳優さんたちのへとへとな姿。終盤、マクベスが命をあきらめても戦うシーン、俳優たちがひたすら走り、踊り、暴れます。いいな、真剣に疲れてるって。特に夏目慎也さんの欽ちゃん走りにも見える、みっともない走りっぷり。ステキすぎる。みんなが息を切らせ、苦しそうに倒れていく様子は、たとえそれが全て演技であったとしても、私は大好きです。

WALTZ MACBETHはいつまでも再演を繰り返して欲しい作品です。たとえ俳優さんが動けなくなっても(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空想組曲「ドロシーの帰還」2011.2.24 19:30

昨年のcorichアワードで2作品もベスト10に入った空想組曲。私個人的には数年前大好きだったけど去年はちょっと浸りきれなかったりしたので、ちょっと今回どうかなぁ?って思いながら伺ったんですが…。

初めてほさか作品に出会った時の衝撃再び!と思えるすばらしい作品でした。

オズの魔法使いをベースに、作家や漫画家志望の若者たちの物語。

もう20年もヒット作「オズの世界」の連載を続けているドロシー先生(藤田記子)。ダークなその作品のせいで集団殺人が起きてもずっと書き続けていた。その「オズの世界」を読んで作家になろうとした4人の若者達が、ある日ドロシー先生と出会って…。

前半は普通に物語に乗って「なんか泣けそうな話ね~」くらいな感じで観ていましたが、途中、作家とは、とか、作家が書く理由、とか、読者の反応の計算、とか、作家志望の若者達の議論の中身が凄まじくなってきてから目が離せなくなりました。物語の中のコトバとしても、作家ほさかようから発しているコトバとしても、すごく力強く生きている感じがしました。コトバの受け手として、観客として、どうしよう、何を自分は受け取ってるんだろう、みたいな感覚。ぐちゃぐちゃと頭の中をかき回されて。

それを助長したのが、俳優さん達の佇まい。すばらしい。ちょっとした目の光、立ち姿、表情、一つ一つがしっかり場面に呼応してて。

ドロシー先生役の藤田さんの他では観たことない落ち着いた風情、北の魔女役の川田希さんの涙、喫茶店店員役の梅舟惟永さんの恋する切ない顔、カカシ役の斎藤陽介さんの姿勢、ブリキの久保貫太郎さんの落胆顔、ドロシー役の小野川晶さんの心を抜かれた時の目、中田顕史郎さんの二役の佇まいの違いっぷり。悪い人を演じた井俣太良さんと二瓶拓也さんの嫌な感じは気持ち悪くてゾッとしました。

最近物語だけでは泣けないと感じてて、これも物語重視だけだとやだなって思ってたんだけど、この作演出俳優の三位一体感に涙がでました。この場に、劇場に来られたことを幸せに思いました。なんか行ってよかったな。改めてお芝居を好きになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2011年3月 »