« コテン「魔」③ 2011/11/14 19:00 | トップページ | 冨士山アネット/Manos.(マノス) 「HIKIKOMORI」 2012/2/18 13:00 »

ペテカン「彼のことを知る旅に出る」2011/11/15 19:30

再演です。私は初演で号泣。今でもペテカンの最高傑作だと思います。思い返してもしっかり泣けるくらい。そのイメージが壊れないといいなという願いとまたあの気持ちを味わいたいという期待で。

不慮の事故で彼(宮原将護)を亡くした彼女(四条久美子)。自分の知らない彼の姿があることに気がつき、なんでもいいから彼の手がかりを掴もうとさまざまな人たちから彼についての話を聞いていく。

彼と彼女は聞き役に回り、さまざまな人たちが入れ替わり立ち替わり出てきてインタビューに答えるような態で語ります。故人について語っているつもりが微妙にずれて好き勝手なことを。個性豊かで楽しい。

あまり初演とは変わってなかったので安心。

主役二人の透明感がたまらない。この二人なくして再演はして欲しくないと思っていたけれど、しっかりそこは押さえてて嬉しい。年を経てもその二人の関係の深さ、純粋さ、未練、どこをとってもパーフェクトに響きました。

聞き役って難しいですよね。リアクションが大げさであっても醒めるし。特に自分への評価を並べ立てられる彼は、そのニュアンスを汲み取って反応するのってかなりの難易度。話している個性豊かな人たちは、想像するのもたやすいから、私は専ら彼や彼女のリアクションばかり見ちゃいました。

それがすばらしくて。ちょっとしたエピソードに涙ぐんだり、自分と関係ないと突っ込んだり。笑うも泣くも過不足なく、自然体。死んじゃった人と死なれちゃった人と思えない。そこがますます涙を誘うんですかね。

いつまでも、何回でも、この作品は味わっていたいです。大好きです。定期的な再演を熱望!

|

« コテン「魔」③ 2011/11/14 19:00 | トップページ | 冨士山アネット/Manos.(マノス) 「HIKIKOMORI」 2012/2/18 13:00 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

モバゲーで異性と出会える攻略法!モバゲーするなら知らないと損する情報満載のモバゲー攻略サイト!

投稿: モバゲー | 2011年12月11日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212396/53295666

この記事へのトラックバック一覧です: ペテカン「彼のことを知る旅に出る」2011/11/15 19:30:

« コテン「魔」③ 2011/11/14 19:00 | トップページ | 冨士山アネット/Manos.(マノス) 「HIKIKOMORI」 2012/2/18 13:00 »